モタスポ雑記

F1オーストリアGP優勝!ホンダウエルカムプラザ青山に行ってきた

 

2019年F1第9戦オーストリアGP。

レッドブル・ホンダ マックス・フェルスタッペンの劇的な優勝!

 

ホンダとしては復帰後初!苦節4年!2009年以来の優勝となりました。

 

優勝したってことでホンダのウェルカムプラザでも何か垂れ幕とかやるんじゃないか?

とTwitterでもソワソワみなさんしてましたが、

 

2019年7月3日(水)~7月7日(日)

Hondaウエルカムプラザ青山にて記念の展示が行われたので、行ってまいりました。

 

2015年以来のウエルカムプラザ青山

今回で私が行ったのは2回目。

1回目は、ホンダがF1復帰。

マクラーレン・ホンダの会見が行われた2015年でした・・・

 

運よく、アロンソ、ジェンスのトークショーに当選しまして行きましたが、

当時の不安はそのままに月日が経ち、

仕事でウエルカムプラザ青山の前を通る度に切ない気持ちに。

(窓越しに見たロンデニスが忘れられない)

 

あれから4年、地下の階段を駆け上がり正面入り口、目の前に現れたのが

 

マックスー!!!

この写真未来永劫語り継ごうぞ!

 

本当にあの表彰台でマックスがロゴを指差した瞬間から、私はホンダへの思いが溢れてしまいまして、

ちなみにi podで聴いてたんですが、私にとって

 

あの日のマックスは

「日曜日よりの使者」でした。

 

鈴鹿でまた聴きたいなぁ・・・

 

入る前の時点で私のしんどかった4年も吹き飛ばしてもらえました。

これで純粋にもうホンダもマクラーレンもそれぞれに応援できる。

やっと日が開けた感。

 

そう、数え切れない悔しさが・・・(泣)

プラザの中に入りますと

どーん!

 

「数えきれない悔しさが、私たちを強くした」

 

新聞広告にも出てましたよね。

泣ける、泣ける言葉や・・・

 

私が知ってる悔しさの何万倍もの数えきれない悔しさを持って戦ってきた。

出来れば、メッセージボードとかノートとかあればよかったですね。

 

私は表に出ぬさくらで働く方達にもお礼を申し上げたくて仕方ありません。

 

飾ってあるマシンは

「Aston Martin Red Bull Racing RB14(2019カラー)ショーカー」

です。

 

そして、あの日の表彰台。

あのシャンパンが日本にあるぞ!

 

田辺さんはシャンパンに目が入ってしみたとおっしゃってますが、

私はもうベルガーと抱き合ったとこで泣きましたよ!

復帰後の4年どころか、歴史がリンクしてここでもまた物語産むとか濃厚すぎました。

 

マックスのお父さん、ヨスもホンダのマシンで走る未来が無くなってしまったこともあるし、

それぞれに思い出が深くなるオーストリアの優勝だったんだなぁと、改めて思いました。

 

最終日には山本さんも登場して、ドライバーのカードを配っていたそうです。

直接「おめでとうございます」って言えたら・・・私は泣いてたかもしれません。

 

日本のメーカーとタッグと組むということ。

日本人ドライバーが居れば、日本でのF1も盛り上がります。

しかし、今は残念ながらそれが望めない。

 

でも日本のメーカーと絡むことで、少し「世界のF1」が近づいてくれます。

マックスというオランダ人、

ガスリーというフランス人。

 

日本には縁もゆかりもないかもしれませんが、こうやって

マックスが日本にポーンと居るわけです。

パネルですけど。

 

3月のデモランもそうでしたが、

日本GP以外にもイベントがあったり、メディアで見る機会が増えたり、

少し楽しみが増えるんです。

 

しかもレッドブルはプロモーションにも力を入れる企業なので、今までのF1チームと色が違う。

ショー的要素も含まれますが、ホンダがレッドブルと組むことによって増えるファンの楽しみは、

マクラーレン時代より多いかもしれません。

 

鈴鹿が楽しみになりますね。

「帰ってくる」という言い方も出来ます。

 

ウエルカムプラザでは、パブリックビューイングも行われます。

(今年の日本GPもあるはず)

鈴鹿までが遠い、行けない方も東京近郊の方でしたら、こちらでレースを味うことも出来ますし、

前回はトロ・ロッソのマシンも展示してました。

Honda ウエルカムプラザ青山|東京・青山のHonda製品ショールーム、イベントスペース
Honda ウエルカムプラザ青山|東京・青山のHonda製品ショールーム、イベントスペース

Honda本社ビル1階のショールーム「Honda ウエルカムプラザ青山」のページです。館内展示やASIMOデモほかイベントのご案内、展示中のクルマ・バイクなどの製品一覧、館内ショップでお取り扱い中のH ...

続きを見る

 

4輪2輪の展示もありますし、ASIMOもいます!

小さなカフェもありますので休憩も出来ます。

 

また勝ったら、次は垂れ幕ぐらいになるかな?

勝ちを重ねて、イベントも増えて欲しいです。

 

ちなみにこの日の私

 

タグも付けずにただ「たっぺん」まみれでした。

 

 

  • この記事を書いた人

しる

F1歴30年超えるけど大した知識はない。全てのドライバー、チームをリスペクト。2019年鈴鹿でマクラーレン公式のSNSに掲載され「残念なまくらファン」として認識される。

-モタスポ雑記
-

Copyright© モタスポBOX , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.