観戦

【鈴鹿10H】 鈴鹿10時間耐久レースとは何か

2019年8月19日

 

今までF1日本GPは観に行ったことがあるのですが、この度、

「鈴鹿10H」を観戦しに行くことにしました!

 

しかし、何も知らない。

10時間走るぐらいしかわからない・・・

 

ということで、今回は「鈴鹿10H」とは何か?というところから観戦準備を始めたいと思います。

 

「鈴鹿10H」とは何か

「鈴鹿10H」の名称は

サマーエンデュランス 鈴鹿10時間耐久レース

(SUMMER ENDURANCE  SUZUKA 10 HOURS)

 

エンデュランスの意味は

耐久性,耐久力,持久力,忍耐(力),我慢(強さ),持続(時間),存続(期間)

 

要は「耐久」という意味。

 

ル・マン24時間が行われるカテゴリー「WEC」も正式名称は

「World Endurance Championship」

エンデュランスという文字が入っています。

 

鈴鹿10Hの歴史、実は2019年で2回目。

それまでは「鈴鹿1000km」と呼ばれていました。

 

最初の開催は、1966年6月。

(開催回数は鈴鹿1000kmから継続)

 

昔は「ポッカ」がスポンサーを勤めていたので、

「ポッカ1000km」とか呼ばれていました。(正式名称は年によって変わる)

 

「鈴鹿10H」の歴史でいうと、

2018年からは発展させる形で、SUPER GTなどを主催するGTアソシエイション、ブランパンGTシリーズなどを主催するSROモータースポーツグループの協力を得て「サマーエンデュランス 鈴鹿10時間耐久レース」の開催を決定した。

Wikipediaより抜粋

 

名称は変わりましたが、長い歴史がある耐久レースなのです。

 

「鈴鹿10H」で走る車両は?

レースですから気になるのはやはり車。

どんな車が走るのかというと、

FIA GT3シリーズおよびGT300、

ST-Xなど。

 

SUPER GTのGT500クラスは別規格であるため対象外。

 

カテゴリーってなんだ?

鈴鹿10Hはカテゴリー分けされています。

・・・

 

F1ではカテゴリーなんてないぞ?

WECを観て居る方ならお馴染みのカテゴリー。

 

詳しくはこちら

ドライバーの分類?「ドライバーカテゴライゼーション」ってなんだ? - モタスポノハコ
ドライバーの分類?「ドライバーカテゴライゼーション」ってなんだ? - モタスポノハコ

  WECや鈴鹿10Hなどの耐久レースは   「プロ」や「アマ」などのクラスに分かれていたり、 ドライバーも 「ゴールド」「シルバー」など人によってランクが違う。 など &#038

続きを見る

 

レギュレーション

世界共通のルールと鈴鹿10Hオリジナルのレギュレーションが採用されている。

 

2019年のレギュレーションはこちらに詳しく書かれています。

2018年鈴鹿10時間耐久レース 主要レギュレーション | ル・マン/WEC | autosport web - Part 3
2018年鈴鹿10時間耐久レース 主要レギュレーション | ル・マン/WEC | autosport web - Part 3

 8月25日、鈴鹿サーキットで2018年8月23〜26日に開催される『第47回サマーエンデュランス 鈴鹿10時間耐久レース』に向けたイベント記者発表会が行われたが、このなかで参加可能車両やタイムスケジ ...

続きを見る

 

他のレースではあまり見られないレギュレーションとしては

  • 1スティントの最大運転時間が65分に定められいる
  • 最低ピットストップ時間(83秒以上)が定められている。
  • 予選方式

 

レギュレーションは毎年変更があるかもしれませんが、

「鈴鹿10Hだからこそ見られる」と言うような、他とは違う面白みを作ってくれています。

 

まとめ

特に構えて行かなくても、純粋に好きなドライバー、車を観に行くだけでもOKですが、

「難しくて苦手」とは言わずに、ざっくりとレギュレーションは知っておくと楽しいかと思います。

 

例えば、ドライバーの最大運転時間。

各ドライバーの最大連続運転時間は180分とし、総運転時間の上限は270分とする。なお、各ドライバーの最低運転時間は60分とする。140分以上の連続スティント後には最低1時間の休息時間を義務付ける。

autosport webより引用

 

観てる方も耐久となるわけですから、休憩が必要です。

何と言ってもまだ残暑も残る夏です!

 

好きなドライバー、応援しているチームのドライバー交代時間などは、レギュレーションを知っておけば、ざっくりと自分の行動時間も予測出来ると思います。

 

私自身、レギュレーションを読んで楽しみがさらに増えました。(事前に読んでよかった)

 

F1やWEC,SUPER GTなどのカテゴリーは観ていますが、

「鈴鹿10H」ならではの違いも楽しみたいと思います。

 

  • この記事を書いた人

しる

F1歴30年超えるけど大した知識はない。全てのドライバー、チームをリスペクト。2019年鈴鹿でマクラーレン公式のSNSに掲載され「残念なまくらファン」として認識される。

-観戦
-

Copyright© モタスポノハコ , 2019 All Rights Reserved.