ドライバー レース感嘆記

【F12019ブラジルGP】サインツ F1キャリア初の3位を獲得

 

どこから見れば良いのだろう。

サインツのF1デビューからのルート、

ここ数年のマクラーレンというチームのルート。

 

どちらにせよ、こんな日が来て欲しくても来ないのがF1だ。

 

「3位」

 

ワールドチャンピオン獲るなら3位なんてとっとと取れてなきゃいけない。

でも「3位」という表彰台はものすごく高いところにある。

取れないドライバーなんて山ほどいる。

 

デビュー当時から、見守ってきたドライバーのひとり。

カルロス・サインツのF1キャリア初の3位獲得のお話。

 

F1 2019年ブラジルグランプリ結果

まず予選後の順位。

  • ランド・ノリス 8位
  • カルロス・サインツ 20位

 

サインツはトラブルで予選出走出来ず最後尾。

 

まさかの最後尾でしたがインテルラゴスというコース、毎年何か起こるブラジルGP.

そしてサインツの今年見せてきた粘り強い走りがあるので、あまり悲観せずに・・・

 

決勝レースは前半は思ったよりも荒れず、

このまま行くかと思ったら後半にバタバタといろんなことが起きまして

(ここではマクラーレン目線なので割愛しておく・・・)

 

レース終了時のマクラーレンの結果は

  • カルロス・サインツ 4位
  • ランド・ノリス 8位

 

よくぞまぁ最後尾から4位まで上がって来てくれた!スムースオペレーターなレース。

 

2人は作戦が違いますし、セーフティーカーなどありました。

サインツは1ストップだったのも上位へ食い込んだ要因かもしれません。

 

しっかりダブルポイント。

夏休み明けはムラが出ていたので心配しましたが、

今期のマクラーレンはこれがベストと十分に言えるレースだった。

 

え?3位なの?審議なの?なんなの?

まぁここで終わるかと思いきや、Twitterを開いたところ

 

「サインツ4位」

「サインツ3位」

「サインツ審議」

 

しる
はい?(川井ちゃん風語尾は上げて)

 

私のTLがバグっているのかと。

ルイスがアルボンとの接触の件で審議中

サインツ含め6人審議中

カメラマンの熱田さんカメラ落とす!!!

 

色々バタついております。

サインツ・・・表彰台登れた可能性!?!?

 

私だけでなく

日本の、世界のマクラーレンファンが

落ち着きをなくす。

ちらほら「サインツ3位」というニュースも入りましたが、

 

信じません!公式が出るまでは!

 

そしてついに

 

 

「もし3位じゃなくても今度しっかり取ってポディウム上がったとこ見たい!」

と思ってたんですが、これはこれで・・・

 

この形じゃなきゃ見れなかったんじゃないかと。

こんなワイワイした3位ってないんじゃないかと。

 

やっと、やっと大きな結果を出せた。

サインツくんF1キャリア初の3位おめでとう!

 

そして、この3位は

  • ポルターゴ 1回
  • アロンソ 97回
  • デ・ラ・ロサ 1回

に続くスペイン人F1ドライバー100回目のポディウムという記録になりました!

 

今回のサインツの走りは本当に素晴らしかった!

 

 

NEW GENERATION

レースが終われば即撤収作業に入るF1ですが、

表彰台にサインツはもちろん、チームクルーも上げてくれたこと、

みんなでお祝いしようと許可してくれるチーム(ロン時代に出来たかなぁ?)

 

新しいマクラーレンの姿がここにあります。

 

 

 

ノリスは表彰台では最初しゃがんでいましたし、本人は悔しさもあったと思う。控えめにしてたんですが、

 

サインツはもちろんザイドルや、クルーが

頭撫でて、肩叩いて、腕組んで・・・

 

しっかりノリスのこともバックアップしていた。

 

私はあまり過度な期待や欲はF1に持ち込まないようにしているのです。

現実(他チーム、ドライバー、マシンの差など)があるので。

 

しかし、私は今回のレースを見て

 

この2人が一緒にポディウムに上がるとこを本気で見たい

 

とまで思うようになった。

こんなのは何年ぶりだろう。

 

  • この記事を書いた人

しる

F1歴30年超えるけど大した知識はない。全てのドライバー、チームをリスペクト。2019年鈴鹿でマクラーレン公式のSNSに掲載され「残念なまくらファン」として認識される。

-ドライバー, レース感嘆記
-,

Copyright© モタスポノハコ , 2020 All Rights Reserved.