レース感嘆記

【WEC2018富士6h】懐かしのドライバーに胸熱な6h

2018年10月27日

 

2018年6月のルマン24hから、ちゃんとレースを見だした私です。

もちろん昔から知っていたし、一貴や可夢偉が走って居るので結果やダイジェストは見てました。

 

まぁ、アロンソさんが参戦するってことで見だしたわけですが、

気づけば「アロンソー!」と言うよりも、他のドライバーの名前叫んでたよね(一人テレビ観戦ですが)

 

WEC根っからのファンの方は「ニワカめ」と思うかもしれませんが、

入り口としては充分な元F1ドライバーたち。

 

これは本当に面白い。

 

あぁ「雨のジェンソン・バトン」

ジェンスは、ついこの間までF1で見ていたし、SUPER GTも走っている。

ジェシカと別れてもなんやかんや日本と縁が続いてくれてるし、インスタを見ているので遠く離れた感はないのだが、

 

ウェットからドライに変わっていくレース、セーフティカー先導、

みんながピットに入るタイミング、タイヤのチョイスで揺れる中

一人黙々と走り続けるジェンス。

 

あぁ・・・

これが雨のジェンスだ・・・

 

なんでだろうな。F1時代から。

冷静なのか、判断がめちゃくちゃ良いのか、運も味方につけちゃうし。

 

しかも途中で気づいたんだよなぁ

「・・・あ!雨じゃん!だからジェンスはここに居るんじゃん!」

「あぁ・・・ジェンス・・・ジェンスゥゥゥ!!!」

 

セーフティーカー先導が長引いたけど一人胸があったかくなってたぜ。

 

フィジコォォォォォォ!!!!

 

結局今回のWEC富士はひたすらに

フィジコォォォ!!!

と、ジャンカルロ・フィジケラに熱くなった6hだった。

 

思いの丈は別途こちらで(笑)

【WEC2018富士6h】ひたすらにジャンカルロ・フィジケラ

 

あの日あの時見てたからこそ。

 

ジェンスやフィジコだけでなく、

マルドナード、アンソニー・デビッドソン

もちろんTOYOTAのブエミ、一貴、可夢偉。

ロッテラーにロシターに、もう知ってるドライバーがたくさん居る!

 

ルールもまだまだ知らないカテゴリーだけども、知ってるドライバーが居るおかげで興味が湧くし、調べたり、覚えたり。

TOYOTAはともかく、F1と違ってオーバーテイクもガンガン見れるし、差も詰まる。

好きなドライバーが、腕っぷしで戦う姿なんてもう何年見てなかったよ?

 

今までF1好きで良かったなー。

ここからはWECとか他のカテゴリーもちゃんと見てみようと新たなキッカケになった。

楽しみが増えた幸せ。

 

 

  • この記事を書いた人

しる

F1歴30年超えるけど大した知識はない。全てのドライバー、チームをリスペクト。2019年鈴鹿でマクラーレン公式のSNSに掲載され「残念なまくらファン」として認識される。

-レース感嘆記
-

Copyright© モタスポBOX , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.